ネットを使った人探しとは

最近は便利になり、ネットを使えば自宅や外出先でも色々なことが出来ます。ネットは私たちの生活にを便利にしてくれるツールですが、このネットを使って行方がわからなくなった人を探すことも出来ます。

ネットを使った人探しでは、掲示板やSNSを使ったことがある人だと、「○○君を探しています」や「△△サンを見かけた人は××までご連絡ください」といった書き込みを見かけたことがあるのではないでしょうか。

ネットは世界中の人が使っているので、行方がわかなくなった人をどこかで見たことがあるという人が見つかるかもしれない可能性があります

そのため、ネットを使って人探しをする方がいるわけですが、このネットを使った人探しは便利な点も多いですが、注意しなくてはならないこともあります。

失踪した人を見つけたい、人探しをする色々な方法とは。

家出してしまった家族を探したい時や、古い知人友人を見つけ出したい時いったいどうすれば良いのでしょうか。

実際のところ何も痕跡が残っていない状態でも、自力で行方不明になった人を見つけ出す方法はいくつかあります。

手っ取り早い方法は、警察に行方不明者届を出してしまうことです。

もしもあなたが行方不明者の親族だったり、社会生活において保護者の役割を持っている(学校の担当教員、勤務先の上司など)場合は行方不明届を出すことができます。

ただし、事件性が認められない失踪の場合は、警察も積極的に動いてくれない可能性もあるので過信は禁物です。

他にはインターネットを使った人探しもあります。

現在のインターネットは監視社会と呼ばれているくらいに、横の繋がりが非常に強いところを活用します。掲示板やTwitterなどのSNSを利用することで、何かしらの痕跡が見つかる可能性があります。

注意点としては、あまり個人情報を載せすぎないことです。

人探しをしているつもりが、別の事件に巻き込まれかねません

また最近では行方不明者を探すために、人探し調査の手助けをしてくれるプロがいます。家出調査や人探し調査、探偵事務所などで調べてみると専門のプロのサイトや事務所が見つかるはずです。

人探しのプロに頼む場合のメリットは、すぐに積極的に動いてくれること、人探しの経験があるため自力で探すより見つかる可能性が高いことが上げられます。

料金や費用は事務所ごとに違うので、どのようなプランがあるのか調べてみるのがおすすめです。中には無料相談を受け付けているところもあるので、試しに相談してみるのが良いでしょう。

自分で人探しをする時の注意点

人探しをする時が探偵に依頼する方法もありますが、費用がかかる事が多いので自分でする人の方が多いです。

出来るだけ早く見つけたいという気持ちはありますが、注意点もあるのでしっかり把握しておく必要があります。

そこで自分で人探しをする時の注意点を確認していく事にしましょう。


・人探しをする時間がどのぐらいあるか確認しておく
自分で人探しをする時はすぐに見つける事も出来ますが、場合によってはなかなか見つからなくて長期間に渡ってしまう事もあります。

長期間に渡ってしまうと自分で人探しに費やす時間がどのぐらいあるのかがポイントになってきてしまいます。

人探しに費やす時間があまりないようだとなかなか上手くいかないので自分で人探しをする時は事前に費やす時間がどのぐらいあるのか確認しておきましょう。


・一人では大変な時は誰かに協力を求める
自分で人探しをしていてなかなか見つける事が出来ない場合は一人ではなく誰かに協力を求める方がいいです。

一人で探すより誰かに協力してもらいいろいろな方法をアドバイスしてもらうと効果的な方法が見つけられる可能性があります。一人で人探しをしていて行き詰ってしまった時は誰かに協力してもらうようにしましょう。

SNSやネットを使った人探し

行方がわからない人、連絡が取れなくなっていた人を探す方法として、SNSを使って探す方法があります。

ここ数年で、SNSを使った人探しが増えて、SNSを利用している人の中には、SNS上で情報提供を求める書き込みをめにした人もいるのではないでしょうか。

そこで、実際に自分も探している人をSNSから探してみようと考えた人もいるのではないでしょうか。

SNSを使った人探しの方法は簡単です。

SNSに「○◯さんを探しています。年齢・容姿の特徴・何時いなくなったか」を添えて、「情報提供と拡散希望」をつければ、誰でもSNS上で情報収集することができます。拡散する情報に顔写真があるともっといいでしょう。

しかし、この手軽さには問題もあります。

相手を探すためとはいえ、他人の個人情報をインターネット上に公開することになります。
もしかすると、その情報が元になって探している相手に多大な迷惑をかける恐れがあります。

SNSを使った人探しは慎重に行う必要がある方法なのです。

人を探すことの難しさについて

人を探すことは本当に難しいことです。まず、一概に人探しといっても、その内容は実に様々です。

昔のクラスメートや初恋の人が今どこで何をしているかを探すケース、街で一度見掛けた人物がどこの誰なのかを探すケース、記憶を喪失した人物が何者なのかを探すというケース、全てが同じ人探しという言葉で表現されますが、求めるものはそれぞれ異なります。

そして、それぞれのケースで難易度も大きく異なります。街で一度見掛けた人物を探すケースでは、その人物がその見掛けた場所に頻繁に現われる人物なのか、そうではないのかで難しさが変わってきます。

頻繁にそこに来る人物であれば、近辺の人に探す人の特徴を伝え、手がかりを掴むことができますが、たまたま一度だけ通りかかった人物であれば、そうはいかず難しさはグンと上がります。

記憶喪失の人物が何者かを探す場合にも、地理的な条件で難易度が変わってきます。

その人物が現れた場所が生活圏に近ければ、その人を知る人を探し出すのは比較的簡単かもしれませんし、生活圏と異なれば極めて難しいものとなります。

一方で昔の知人を探すケースでは、地道な努力を続けることで探し当てることは比較的簡単かもしれません。

しかし、地道な努力を続けるには、根気と時間、そしてお金が必要です。いずれにしても、一般の人が人を探すことは大変難しく、その道の専門家に相談することが人探しへの近道かもしれません。